ウェビナー/ZOOM

Zoomのバーチャル背景画像を選択する際のポイント

着ている服などの色に合わせて、適切なバーチャル背景の色あいを選択する

Zoomのオンライン会議では、自身の背後に表示される画像を任意に設定する機能が使えます。テレワーク中に散らかった自宅の様子を見られるよりは、バーチャル背景画像を使った方が、ビジネスにおいて良い印象を与えられるでしょう。教育サービス企業Duarteが、Zoomのバーチャル背景画像を選択する際のポイントについて紹介しています。
背景画像を選択する際には、色のコントラストを意識する必要があります。黒髪の人が、暗い壁の前にいると、人物と実際の背景を見分けるのが困難になるため、バーチャル画像がうまく表示されないからです。同様に、イスの背もたれが黒かったり、黒いシャツを着ていたりすると、背景画像に隠れずに、人物と共に表示されてしまいます。実際の背景が暗い場合は、明るい色のシャツを着て、さらに、明るい色のタオルをイスにかけると、コントラストが明瞭になるでしょう。逆に、背景が明るい場合は、暗い色を用いることが推奨されます。

複雑すぎる背景画像を避け、シンプルなものが推奨される

バーチャル背景画像は、真面目に見えるものもあれば、奇妙なデザインのものも含まれています。しかし、背景の模様が複雑すぎる場合は、それを見た人の気が散ってしまうかもしれません。また、バーチャル背景画像では、カフェや街並みを写した画像が人気ですが、中途半端に現実的な背景を用いると、人物と背景が馴染んでいないため、かえって奇妙に見えてしまうケースもあります。そのオンライン会議の目的に応じて、適切な色合い・デザインを選択するべきです。

テレワークが普及するにつれて、バーチャル背景画像に関するルールを全社的に設ける会社が現れる可能性もあります。社外の人とオンライン会議をする場合、企業が同じ印象を与えるため、統一したデザインを適用させるようになるかもしれません。しかし、全員が同一の画像を使っていると、無機質な印象を与えてしまうケースもあるため、一つの画像を強制するのではなく、ゆるやかなポリシーを設けるようにすると良いでしょう。

まとめ
Zoomでは、他のオンライン会議ツールと同様に、カスタマイズする機能がいくつか提供されています。バーチャル背景画像に興味があるならば、次のZoom会議の前に、バーチャル背景画像を試しに適用した上で、どの画像がTPOに適しているかを考えてみることが推奨されます。

参考資料

4 Tips for Choosing the Best Virtual Backgrounds on Zoom Meetings


著者:Takayuki Sato

関連記事